つらい空腹を緩和するために|ダイエットをするならエステ体験を利用したり食事制限を上手に行おう

ダイエットをするならエステ体験を利用したり食事制限を上手に行おう

つらい空腹を緩和するために

適度な運動

ダイエットでつらいのは空腹ではないでしょうか。
無理な食事制限をして空腹がつらく、その反動で食べすぎてしまいダイエットが失敗した経験の方もいると思います。

つらいダイエットはやりたくないですよね。
では、空腹を抑えるためにはどうしたらいいのでしょうか。

体は水分不足を空腹と勘違いすることがあります。

普段どれくらいの水分を摂っているか知っていますか。
1日に1.5~2Lくらいの水分を飲みものから摂取するとよいとわれています。
これは大きなペットボトル1本分くらいに相当します。

空腹を感じたら、まずは水分を摂りましょう。

水分補給に適しているものは水です。
清涼飲料水、ジュース、コーヒー、緑茶などではなく、何も味付けされていない水を飲みましょう。

清涼飲料水やジュースは糖分を含んでいるので、普段からこのようなもので水分補給をしていると、摂取カロリーが増えて肥満の原因になります。
また、糖分が多いので糖尿病の心配もあります。

コーヒーや緑茶には利尿作用があるので、水分補給には適していません。

水は味がなくて飲みにくい場合は、レモン汁を加えてみてください。
少しレモン汁を加えるだけでもスッキリとした飲み応えになります。
レモンのスッキリした味で、ダイエット中のイライラも治まることでしょう。

水は一度に大量に飲むのではなく、こまめに飲んでください。
一度の大量に飲んでも体は吸収できません。
飲む時間を決めておいたり、1時間に1回飲むなど決めておくと、飲み忘れをしにくいです。