低カロリーの食材で楽しむ|ダイエットをするならエステ体験を利用したり食事制限を上手に行おう

ダイエットをするならエステ体験を利用したり食事制限を上手に行おう

低カロリーの食材で楽しむ

ダイエット成功の暁には

空腹がつらいときは、きのこを食べることもおすすめです。

きのこは低カロリーな食品なので、たくさん食べても罪悪感がありません。
そして、食物繊維が豊富で自然とよく噛んで食べるようになります。
よく噛んで食べると満腹中枢が刺激されて満足感を得られます。

きのこにはダイエットをサポートする成分も含まれています。
それは、キノコキトサンです。

キノコキトサンは2つのアプローチ方法でダイエットをサポートします。

1つは脂肪の吸収を阻害することです。
キノコキトサンは小腸で脂肪を吸収する役割があるリパーゼという酵素の働きを阻害して、脂肪の吸収を抑制します。
普段の食事にきのこを加えれば、一緒に食べた脂肪の吸収を抑制してくれます。

もう一つのダイエットへのアプローチ方法は、脂肪の燃焼を促すことです。
しかし、キノコキトサンがどのように脂肪燃焼をするのかは明らかになっていません。

きのこのダイエット作用を期待するなら、1日に100~150g程度のきのこを食べる必要があります。
スーパーで売られているきのこは、1パックが100g程度です。
毎日1パックほどを食べることが目安です。

キノコキトサンを効率的に摂取するには、きのこの細胞を壊す必要があります。
細かく切る、冷凍をする、干すなどすると、細胞壁が壊されてキノコキトサンを摂取しやすくなります。

調理をするに油を使わず、蒸したり煮るなどをすると、余分なカロリーをカットできます。
きのこ自体は低カロリーですが、調理方法に工夫をしましょう。